安全な妊婦サプリを選ぶには|葉酸の優れた効果

医者

着床前診断とは

相談

妊活を行っている人だと一度は着床前診断という言葉を見聞きしたことがあるでしょう。不妊治療を行っている夫婦にとっては出産確率を高めてくれる可能性はあり治療法になっています。着床前診断とは、体外受精において着床前の受精卵の際に、染色体や遺伝子に異常がないかを詳しく検査を行なうことになります。日本では夫婦のどちらかが重度の遺伝子疾患を持っている場合に、特定の染色体や遺伝子の異常を調査して疾患の遺伝や流産を減少させることを目的としています。

この着床前診断では染色体や遺伝子の状態を調査することで、次のことが期待されていると言われます。まず、遺伝子疾患や染色体や遺伝子異常による症候群の回避が行えます。次に体外受精による妊娠率を高めたり、体外受精後の流産率を減少ための流産予防などの不妊治療も行うことが出来ます。流産を繰り返している不妊治療中の夫婦にとっては、この着床前診断は非常に重要な選択肢と言えるでしょう。不妊治療や妊活には運動を行なったりサプリを活用したりなどの方法がありますが、この着床前診断は妊娠を望んでいる夫婦の希望でもあります。その分適応条件や高い値段、着床前診断を行なえる病院が少ないなど実際に行なうのが難しいと言えますが、妊娠の可能性を高めることが出来る1つの方法になるでしょう。もし着床前診断を希望する夫婦がいましたら、着床前診断を行っている産婦人科や病院などの確認をしてみてはいかがでしょうか。